脂肪吸引を失敗するとどうなる?

施術を行っても効果を感じられない

脂肪吸引のリスク | 施術を行っても効果を感じられない | 吸引する部位ごとに多い失敗例

さらに、施術を行っても効果を感じられないということがあります。
原因は脂肪の吸引量が少ないこと、もしくは、吸引部分の脂肪がもともと少ないことが考えられます。
ほほや背中、ふくらはぎなどの施術によく見られる例です。
対処法には、再手術をして取り残した脂肪を再度吸引する方法があります。
しかし2回目の施術は難易度が上がるため、必ず理想になるとは限りません。
特に上記に挙げた部位は脂肪の量が少ないため、再手術をしても変わらないというリスクもあります。
また、先程デコボコができるという例を挙げましたが、見た目が不自然に見える失敗例はそれだけではありません。
脂肪が取り残されたことによって、ボディラインが不自然に見えてしまうこともあるのです。

脂肪吸引の施術は難しく、気になる部位の脂肪を吸引するだけではありません。
ボディラインを想像しながら脂肪を多く取ったり少なく取ったりしなければならないのです。
脂肪が多い所ばかり取っていては、出来上がったときのボディラインがきれいでなくなってしまいます。
これにはドクターの腕が試されるところです。
このリスクを減らすためには施術前のカウンセリングが重要でしょう。
医師が施術して症例写真を実際に見せてもらい、自分の理想と近い施術をしてくれそうな医師を選ぶようにしましょう。
一般的には上記のような例があります。